FC2ブログ
 

制作記録

まともな自作服が作れるようになりたい。

RSS     Archives
 

センタープレステーパードパンツ/ツイル ストレッチ KHK

 
気の利いたベイカーパンツが欲しかったのだけど、何となくこれになった。
今回は股下9cmカットしてクロップド丈にしたことがあだとなり、歩くたびにずり下がり、最終的に腰履きになっていく。
ずり下がりは前回も気になってはいたが、フルレングスで下から支えられて、ググッと持ち上げられているせいか、腰履きまではいかなかった。

ゴムパンは体重の増減による数cmの差でサイズが決められないということはない気楽なパンツである。





pattern:filer センタープレステーパード パンツ
fabric:ツイル ストレッチ KHK
size:L×0.98%出力
custom:着丈-9.0cm、後ろの箱ポケット→フラップ付きパッチポケット




下手な自撮りだと、足が手羽先みたいに見えますが割とスッキリ着痩せパンツ。
ただし説得力などない。


後ろパンツはモタモタしている。
ゴムパンの割に後ろの股上が浅いのかもしれない。


フラップに芯を貼らなかったせいで、フヨフヨしてしまった。


ポケットの中にはLiberty。
なんせ似合わないもので。


手っ取り早く旬な感じがして、合印がほぼ無いのに何だかんだスタイリッシュ。
今回は完全にZinniaと同じ縫製にしてみた。
前回よりシュッとしてて、いいかも。
ただ前回以上にセンタープレスが取れやすい。


取れるとこんな感じになってしまう。


こんなパンツがほしかったのでした。
通勤用に。
スポンサーサイト
 

V開きブラウス/ローン ドット WHT

 
聖地巡礼こと日暮里布狩り参加のために。
これに先日完成のジーンズとtevaのアヒルか?てほど幅広いサンダルで練り歩こうと計画しておりました。





pattern:クルール V開きブラウス
fabric:ローンドット WHT
size:11号×0.98%出力
custom:袖+1.5cm


好きすぎて3色買いした60ローンシリーズの最終回の白。
見返しが透けておる。試作品とはいえあわよくば着用できる水準で、と。

ボタンがいまいちなことに、在庫ボタンからゆえ、白浮きしているように感じる。



はい着画。
見返し部分、次回は縫い止めてしまおうかと。
inするとそれなりにモタつきます。
ダーツを省略すれば、いいのかな?
袖はフレアぽく魔改造してみようかな、と。
 

マンタブラウス/リネン BRW

 
17:30に冷房が止まる職場対策。
アンダーブラ1で着用できて、頑丈でザバザバ洗えて、肌に張り付かない生地で、、、を全てを叶えてくれているような。





pattern:クルール マンタブラウス
fabric:ヨーロピアンリネン BRW
size:free
custom:着丈−8.0cm、肩と襟ぐりに伸び止めテープ、二つ折り部分は全て三つ折り、襟ぐりはパタレ式



これ以上着丈が長いと困っちゃう低身長。


もう少し丁寧に縫えば良かったな。


こんな感じで前だけ少しinして着ると思います。


ボワボワの身頃にスポッと袖が埋まって、何となくまとまる涼しい服。
次回は幅を少し狭くしようかな?
イカの耳っぽい肩のラインのせいか、ドロップショルダー特有の肩に乗ってくる感じは多少あるような。

気に入っています。
 

センタープレステーパード パンツ/バーバリー ストレッチ BGE

 
filerのパターンはいつも思った以上に良いフォルム。
大抵の着画は立ち方のせいか、前身頃が後ろに流れて見えて、消去法的に型紙を調達してしまう。
あそこのはここがなぁ、、、じゃあこれで縫うか、と。
失礼な話である。
毎回良い意味で想像よりずっとずっと素敵なものができる。





pattern:filer センタープレステーパード パンツ
fabric:バーバリー ストレッチ BGE
size:L×0.98%出力
custom:股下−3.0cm→修正して-0.5cm、ウエストゴムは-5.0cm。デフォルトは大きすぎ。



靴を履いている方が短くし過ぎてしまった方。
裸足が長くした方。あと1.0cmくらい長くてもいいな。


ワーキングツイルはアイロンがよく効き、伸びも良いのでテープとして使用。
うむ、変な色合い。
縫い代を削ってから折り返すので、縫い代がえぐれています。
表からステッチかけて縫い代を落ち着かせる荒技。


この生地とパターンはキット販売しています。
この生地は好きすぎて何枚もリピートしています。
が、しかしシワになりにくい反面、アイロンが効きにくくセンタープレスは半日で面影程度しか残らないような?
縫製中もアイロンがビシッと決まる生地であれば容易に綺麗に仕上がるだろうなという。
何よりゴムパンにするには、この生地はゴワゴワしすぎている。

生地も何枚もボトムに仕立て、かなり好きなんですよ。
パターンも何度も何度も予想以上に素敵なので。
あ、テキストはたまねぎ工房のzinniaのものを見て、付属のテキストは見ていません。

毎回、手順が??になり、これできれいに仕上がるの??となり、モヤモヤしてしまいパターン自体の評価が自分の中で下がってしまうので。
こちらのショップの付属テキストはあくまでおまけ程度と思っていた方がお互い幸せです。



腹周りと太腿の酷さったらない体型ですが、すっきり見える。
zinniaだと太腿がごまかせないんですよね。
体型との相性かと思いますが。


フルレングスが新鮮な感じ。


次回制作するときは丈を3.5cm延ばして、ふてくされた感じの丈にすること。
生地はこの生地だと真夏は越せないので、麻混など涼しげなグリーン寄りのカーキで縫いたい。
どこにあるのだろうか。
 

アンクル丈テーパードジーンズ/デニム ストレッチ

 
洋裁解禁。資格試験勉強、終了。
圧倒的スカート大好きさんなのですが、肌色ストッキングがそんなに好きではないので春夏秋パンツ制作に猛っている。





pattern:fleur アンクル丈テーパード ジーンズ
fabric:デニム ストレッチ NVY 11.5オンス
size:67AP
custom:着丈−0.5cm



失敗その1
赤耳偽装すべく4本針ロックのうち2本を普通地用の赤糸にしたせいで、ロック箇所がザワザワする。


内股は合わせてロックなのに、一枚づつロックしてしまい、よりザワザワ。


失敗箇所その2
針変えようと埃取ろうと何しても頑固な目飛び。
段差に弱かったっけ?


細く見える。当社比。


他撮りなのにこの写真。
シュレックかな?


気に入りました。かなり。
こちらのパターン屋さんは、仕上がりが少し小さめに感じます。
ですので、ストレッチ生地であってもワンサイズ下げるのではなく、ピチピチかな?くらいのサイズを選ぶと良いかもしれないです。
仕上がり寸は実寸×0.98くらいの体感。ご参考までに。
テキストはMパターン研究所は3ページに渡り図解している箇所が箇条書きだったり、安定のあっさり塩味。



生デニム風のストレッチデニムが愛くるしいので、予備に着分を用意しておいて本当に良かった。


<次回以降の留意点>
1、ステッチの針目は2ではなく2.5~3で目飛びを防ぐ
2、折り返して穿かないのに赤耳小細工はしない
3、針は極太を使うこと



明日からこれに着手。
黒タイツ時期はスカートしか着ないので、足首から下が日焼けしてひどい。
春夏秋パンツが全てアンクル丈であることが原因。
フルレングスが何故だか新鮮に思えて。
プロフィール

ジャイアント・スズキング

Author:ジャイアント・スズキング
はじめまして。
写真も洋裁の腕もイマイチですが、よろしくお願い致します。




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR